吉川美代子の離婚の理由とは?愛猫ゲンが永眠した原因は?

アナウンサー
吉川美代子さんって、アナウンサーの鏡って感じですよね。

なんでもテキパキこなして

ニュース原稿だってスラスラ読めちゃう。

そして、今もてはやされている女子アナに対しては

あまり良い印象はないような感じですね。

以前、なんの番組だったか忘れたんですけど、

(マツコさんの番組だった気がする)

女子アナという言葉に反応して

「女子アナではなく、アナウンサーです!」

キッパリハッキリおっしゃっていたのが記憶に残っています。

そんなしっかりしている吉川美代子さんですが、

実はバツ2なんですよね。

そしてずっと一緒に暮らしていた愛猫のゲンさんが亡くなったことを

テレビで語っていたことがありました。

そこで吉川美代子さんの離婚の理由と、

愛猫ゲンさんの亡くなった原因などを調べてみました!

スポンサーリンク

吉川美代子さんの離婚の理由とは?

2回の離婚暦がある吉川さんですが、

どんな旦那さんで、どういう理由で離婚したのでしょうか?

一回目の結婚

まず最初の旦那さんはアメリカ人みたいです。

吉川さん20代のころで、お相手も同じ年代の人。

夫の望むような日本人女性であろうと頑張ったみたいですが、

吉川さんも仕事があったので色々と難しかったようです。

そして1年ほど一緒に暮らして、その後別居。

離婚になると

旦那さんの国の法律に合わせなければいけなかったので

弁護士さんだとか、家庭裁判所だとか

けっこう面倒だったみたいですね。

パートナーの希望には応えたいと思うけれど、

吉川さんのように責任ある仕事をしていたら

どうしてもプライベートに当てる時間が少なくなったでしょうし、

外国人の理想の日本人女性像って、

けっこうハードル高い気がします(^^;)

2回目の結婚

次の結婚相手は、古美術商を営んでいた日本人だったみたいです。

こちらの離婚理由はハッキリ分かりませんが、

夫婦ケンカしたときに、

夫を下着一枚で家から追い出した

というエピソードをテレビで語っていました。

もしかして、

吉川さんの気が強すぎて旦那さんが逃げたんじゃ・・・(笑)

そして2回の結婚で子供は授からなかったみたいです。

さらにどちらの旦那さんのかなり年収が良かったそうなので、

結婚していた頃は、

けっこうセレブだったんじゃないかなって思います。

その後はバリバリ仕事をこなして独身ライフを楽しんでいるのでしょう。

吉川さんが可愛がっていた愛猫とは?

吉川さんはゲンというオス猫を飼っていました。

ゲンとの出会いは2000年8月

近所にいた野良猫さんだったそうです。

撫でると人懐っこい感じで擦り寄ってきます。

そんなことされたら猫好きはもうメロメロです。

実際その仕草に吉川さんは思わず抱きしめたそうです。

そうしてゲンと名づけて吉川さんの愛猫となりました。

猫ゲンが永眠した原因は?

しかしそのゲンとの別れがやってきたのです。

推定22歳となったゲンは人間に計算すると110歳くらい。

老猫となると弱ってくるのは当然と言えば当然ですが、

ゲンは体を壊して何度も入退院を繰り返すようになります。

角膜腫瘍、変形性脊椎症、甲状腺機能亢進症、心臓肥大、

年老いてからはずっと薬を飲み続けていました。

そんなゲンが心配で、若い頃は一泊ぐらいなら

ご飯とトイレの準備をしてお留守番をしてもらってたけれど、

高齢となってからはペットシッターさんや病院に預けていたそうです。

そして2016年5月16日にゲンは永眠しました。

老衰だったのだと思います。

ゲンの最期には、

仕事をキャンセルして付き添ったそうです。

あとがき

ゲンさんも吉川さんが大好きだったでしょうし、

吉川さんもとてもゲンさんを大事にしていました。

なくなったのが去年の5月ですから

少しは立ち直れたでしょうか。

それからは吉川さん自身も初期のガンが見つかるなど

大変みたいですが、手術後の経過は良好のようです。

いつまでも健康で頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする