珍宝館のおばさんってどんな人?月曜から夜ふかしで大人気!

おばさん
以前「月曜から夜ふかし」に出ていた珍宝館のおばさんが、また番組で取り上げられていました。

相変わらずの下ネタパワーで凄く面白かったです。

今日の番組では、お客さんの股間に手を当てて小さいとか陥没しているとか、もう好き放題言いまくっていました(笑)

テレビを見ていたら、このおばさんってどんな人なのかな人なのかな~って思ってきたので、色々調べてみました!

スポンサーリンク

珍宝館のおばさんってどんな人?

この珍宝館は群馬県にあります。そして館長の「ちん子さん」は最初っから下ネタトークを連発しています。

お名前は「ちん子さん」ですが、番組では自己紹介するときに「ぴー音」を連発しています(笑)そのぴー音に隠れている言葉は、「館長 兼 万長」と言っているせいだと思います^^;


しかも全く動じずに、照れもなくスラスラ~っと言うんですよね。もう何千回も言っているでしょうから、慣れているんだと思います。

館長さんの軽快なトークはかなり面白くて、いくつかyoutubeにアップされていましたのでご紹介します。

この流暢なしゃべりはぜひ生で聞いてみたいですね。

正確な住所は、群馬県北群馬郡吉岡町上野田夫婦岩2109になります。お近くに行くことがあるならぜひ行ってみてくださいね。おばさんから下ネタ全開の案内をされるでしょう(笑)

ちなみに入場料は1000円です。この珍宝館には「性」に纏わる色々な物が展示されていて、それだけでもかなり珍しいと思いますが、このおばさんも展示物以上に強烈なインパクトがあるでしょう。

あとがき


珍宝館のちん子さんは、本当にテレビのような自己紹介をスラスラと言っています。これは実際に聞いてみたいですね。

でも男性は股間の大小を確認される可能性があるので、気を引き締めて行ってください(笑)

おばさんは時事ネタと下ネタを掛け合わせた絶妙なコメントを出してくるので、ノリがいい人だと楽しいと思います。

逆にノリが悪い人だと楽しめないこともあるかもしれません。実際に1年に一人か二人は、小さいと言われて怒る人がいるそうです。

サイズを示されても怒らない自信がある人には、とてもおすすめ出来るB級スポットだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする