佐藤藍子の初舞台の相手役は誰?キスされて驚いた人とは?

キス
佐藤藍子さんが初舞台の共演者にエレベーターの中で、突然キスされたと告白して話題になっています。

もう何年も前のことだと言っても、テレビでこのような発言をすると色々と支障があると思うのですが、大丈夫なのでしょうか^^;?

でもそのキスされた相手って気になりますよね。そこで佐藤藍子さんの初舞台の共演者と相手役を調べてみました!

スポンサーリンク

佐藤藍子さんの初舞台の相手役は誰?

1998年、蜷川幸雄さん演出の「ロミオとジュリエット」で佐藤藍子さんは主演を務めています。

蜷川幸雄さん演出の舞台は「彩の国シェイクスピア・シリーズ」といって、彩の国さいたま芸術劇場でシェイクスピアの37作品を上演する企画です。

この企画の第一弾が、佐藤藍子さん主演の「ロミオとジュリエット」という訳です。

この舞台の出演者は佐藤藍子さん、大沢たかお(49歳)さん、二宮さよ子さん、渡辺哲(67歳)さん、片桐はいりさん、団時朗(68歳)さん、松田ケイジ(52歳)さん、大川浩樹(55歳)さん、高橋洋(44歳)さん、松尾敏伸(39歳)さんとなっています。

そして佐藤藍子さんはジュリエット、相手役のロミオは大沢たかおさんです。

キスされて驚いた人とは?

佐藤さんは初舞台で戸惑うこともあったと思います。そんな状況の中でアドバイスしてくれたり助けてくれた相手から、突然エレベーターの中でキスされたそうです。

そしてこの相手のことを「お兄ちゃん的存在」だと言っています。ですので佐藤さんよりも年上の人だということはハッキリしているでしょう。

佐藤藍子さんは現在39歳なので、少なくとも39歳以上の人であるはずです。しかし共演者を見てもほとんど佐藤さんよりも年上なんですよね。

でもキスの相手となると、やっぱり相手役の大沢たかおさんが妥当かな?

もちろん佐藤さんは共演者としか言っていないの、もしかして渡辺哲さんや団時朗さんの可能性だってある・・・のかな(笑)

あとがき

個人的にはあまり過去のスキャンダルは語らない方がスマートな気がします。テレビで発言することによって、当時の共演者に迷惑を掛けることだってあるかもしれませんしね。

それに佐藤藍子さんはもうご結婚されていますので、旦那さんの気持ちとしては良い感情はないのではないでしょうか?

今が幸せなら昔のことなんか忘れてしまえばいいと思います^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする