ネイチャーアクアリウム天野さんの作品が見れる場所はどこ?

水槽
雨上がり決死隊のお二人が司会をしている番組「やまとナゼしこ」を見ていたら、ネイチャーアクアリウムというものが紹介されていました。

それはまるで絵画みたいな水槽の中で、キレイな魚が泳いでいて、見ていて凄く癒されました。

このネイチャーアクアリウムを提唱されたのが天野さんという方で、もうすでに亡くなっているのですが、お弟子さんがいて、天野さんの作品を展示している施設を管理しているのだとか。

確かそんなことを言っていました。これはぜひ間近で見てみたいと思って、その場所を調べてみました!

スポンサードリンク

ネイチャーアクアリウムが見れる場所!

まぁ、場所はすぐに分かったんですけどね。笑

その施設は新潟県にあります。住所は新潟市西蒲区漆山8554-1で、名前は「ネイチャーアクアリウムギャラリー」と言います。

開館日は祝日や日曜日みたいですが、予定は変更になる可能性もあるみたいです。公式サイトで案内されているので、行く場合は前もって確認しておくといいでしょう。

開館時間は朝の10時から夕方の5時までで、入場料は無料となっています。ただし、館内は撮影禁止みたいなので、ついうっかりスマホでパシャパシャしたりしないようにしましょう。

このネイチャーアクアリウムは毎年コンテストが行われていて、素敵な水槽の写真がエントリーされています。

こちらの動画では2016年の作品集が見れます。本当にこれが水槽なのかと驚くほどの世界観になっていますので、ぜひ見てみてください!

天野さんってどんな人?

この素敵なネイチャーアクアリウムを作り出した天野さんは、元々は世界中を飛び回る写真家さんでした。お名前は天野尚(あまのたかし)さんといって、アマゾンやボルネオといった熱帯雨林の写真を撮ることに尽力していたそうです。

番組では生前の天野さんのインタビュー映像が映されていたのですが、こういった作品を作るきっかけを「癒し」だと語っていました。

確かに生き物の生態系を小さな水槽の中で表現した様子は、見ていてとても癒しを感じますし、何より壮大な世界観を味わえます。

私のような芸術性に掛けている人間にさえこんな風に思わせられるのですから、世界から絶賛されているのも納得です。

天野さんは日本だけでなく、世界の水族館でネイチャーアクアリウムの展示を成功させたことから、高い評価を得ています。凄いですね。

しかし2015年、61歳で亡くなっています。まだまだこれから現役で頑張れる年齢ですよね、残念。しかしその想いはきちんとお弟子さんに引き継がれているみたいです。

まとめ

新潟にあるネイチャーアクアリウムギャラリーは入場料無料ですが、平日は開いていません。日曜と祝日が開館日ですが、行く場合は前もって確認しておいた方がいいですね。

提唱者の天野さんは、写真家として、水槽クリエイターとして成功を収められましたが、残念ながら61歳で亡くなりました。

それでも世界中から評価されているネイチャーアクアリウムはとても素晴らしいので、機会があったら新潟まで行って見てみたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする