ココリコ田中が離婚!?子供の親権は父親が持つことに!


速報で流れてきたニュースを見てびっくり!ココリコの田中さんが離婚を発表されました!

仲良し夫婦のイメージがあったので、この離婚発表にはかなり驚きました!しかも子供の親権は田中さんが持つことになるというのも、不思議な印象を受けます。

普通は父親が親権を持つことは難しいと思うのですが、あまり詮索することは失礼かもしれませんが、小日向しえさんになんらかの事情があったのでは?と勘ぐってしまいます。

スポンサードリンク

父親が親権を持つことは珍しい!?

というのも、親権者とは離婚後に子供の面倒を見る人のことであり、よっぽどのことがない限り、その役目は母親が受け持つことになるはずです。

統計上では、母親が親権を持つケースが8割以上となっています。この数字を見るだけでも、父親が親権を持つことがかなり難しいと判断できますね。

子供が10歳未満の場合は、母親が親権を持つのが妥当だと判断されるようですが、10歳以上になっていると子供の意思が尊重されるそうです。

ちなみに離婚の原因と親権を持つということは別の問題のようです。

例えば片方に離婚の原因があったとしても、子供の幸せをまず考えるので、原因を作った本人でも親権は取れると言われています。

もちろん経済力は田中さんの方があるでしょうし、それが親権獲得に有利に働いたのかもしれません。

お二人は2003年に結婚、2004年に長男、2008年に次男が生まれています。長男は13歳ぐらい、次男は9歳ぐらいでしょうか?

そうなると、ある程度は子供さんの意思が尊重されたということになるのかもしれません。

あとがき


ココリコ田中さんと小日向しえさんの離婚の原因は分かりませんし、記者会見もされないそうなので、今後田中さんはテレビとかでいじられると思います。

芸人さんが離婚すると、どうしても周りから色々言われてしまいますね。職業上しょうがないですが、しばらくはしんどいでしょう。

でも田中さんは年末の「ガキの使い」で、息子さんからの手紙に号泣するような素敵なお父さんなので、これから子育てと仕事の両立は大変でしょうが、子供さんのために頑張って欲しいです。

遠藤さんの方は再婚しましたが、これでココリコはお二人ともバツイチになってしまいましたね。

きっとそのうち「コンビでバツイチ」っていじられるんでしょうね。がんばれ^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする