伊東信久さんのケガの状態は大丈夫?逮捕された男は何者?


日本維新の会の伊東信久(いとうのぶひさ)さんが、堺市長選の応援演説をしていたところ、男に殴られたそうです。

こういうことがあると、暴力を振るった男はどんな人物だったのかが気になりますね。

もしかして選挙妨害とか?そんな想像もしてしまいます。

そしてケガをされたと報道された伊東信久さんの状態も気になりますので、そのあたりをチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

伊東信久さんとは?

まず伊東信久さんという方がどんな人なのか知らなかったので、簡単にプロフィールを調べてみました。

生年月日:1964年1月4日(53歳)
出身地:兵庫県神戸市
政党:日本維新の会

医師免許を持っており、政治家になる前はお医者さんをされていたそうです。

神戸大学医学部医学科を卒業してから大阪市立大学医学部に所属して、その後開業しています。

開業してからは、やしきたかじんさんの主治医を勤められていたこともあるそうです。

そして2012年に初当選して、政治家としての道を歩まれています。

伊東信久さんのケガの状態は大丈夫?

今回の事件の現場となったのは「堺市南区の泉北高速鉄道泉ケ丘駅前」です。

伊東信久さんを殴った男は、周りにいたスタッフに取り押さえられて警察に引き渡されています。

そもそも男は伊東さんを最初から狙ったわけではなく、演説をしていた候補者(西川知己さん)に殴りかかろうとしたところを、伊東さんが止めに入ったそうです。

伊東さんは西川さんを庇って男に殴られてしまったみたいです。

元々お医者さんなので、人を守ろうとする気持ちが人よりも強いのかもしれませんね。

そして報道では軽症と言われていましたが、実際の状態はどうなっているのでしょう。

伊東さんがフェイスブックでケガの状況を報告されていました。

幸い骨が折れているといったことではなく、頚椎捻挫で全治10日だそうです。

酷い怪我ではなくて良かったですね。

殴った男は何者?

では伊東さんにケガをさせた男は何者だったのでしょう。

現在判明している男の情報は60代ということしか分かっていません。

しかも殴った理由が「うるさかったから」。

確かに選挙の演説はけっこううるさいものですが、だからって暴力はダメです。

でも一応暴力事件ですから実名で報道されても不思議ではないと思うのですが、今のところ年代だけなんですよね。

ネット上では「プロ市民じゃないの?」「背後関係を調べたほうがいい」などの声も上がっており、ちょっと闇を感じるような印象も受けます。

あとがき

でも選挙の演説って、本当にうるさいんですよね。

もうちょっと周りに気を使って演説して欲しいなって感じるときもあります。

これを機会にもうちょっと抑え目な演説方法を考えて欲しいとも思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする