犬神家がグーグルマップに登場!表現の仕方がツボに入るwww


今までも度々グーグルマップにイタズラされる事態がありましたが、今回は犬神家が登場しました。

問題の地図には、映画「犬神家の一族」に登場する印象深いシーンが起こったとされる場所に、かなり面白いコメントが書かれています。

ネット上では「絶対ファンの仕業だな」と言われており、表現の仕方がツボに入る感じになっています^^

スポンサードリンク

犬神家がグーグルマップに登場!

話題になっている地図は、映画のロケ地である長野県青木湖近辺です。

拡大した画像がこちら。

「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」というネーミングが絶妙となっております(笑)

この場所は、1976年の石坂浩二さん主演の映画のロケ地として知られています。

スケキヨって何?

問題の「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」は、映画でも異様な風体だった「スケキヨ」というキャラクターが、湖に頭から突っ込んで両足を出すシーンがあったとされる場所にちなんで付けられた名前みたいです。

多分、映画を知らなくてもこのワンシーンはどこかで見たことがある人多いと思います。

かなりインパクトが大きくて記憶に刻み込まれるシーンなので、みんな色々なパロディをしているんですね。


引用元:http://blog.livedoor.jp/nwknews/

ただ正確には、湖から両足出してお亡くなりになっていたのは、スケキヨに扮した青沼静馬になります。

ちょっとややこしいですが、今の若い人は犬神家の一族知らないと思うので、簡単にあらすじを説明します。

「犬神家の一族」の超簡単なあらすじ

犬神家という田舎の資産家がありました。

一番エライじいさんが亡くなったので、みんな遺産で揉めます。

不穏な空気を察知した誰かに、金田一耕助という探偵さんが呼ばれます。

でも関係者がどんどんあぼーんされます。

探偵さん頑張って犯人探そうとします。

そんなときに戦争で亡くなったと思われていた長女の息子「佐清(スケキヨ)」が帰ってきます。

長女大喜びします。

でも実はスケキヨに扮した、犬神家に復讐を誓う青沼静馬だったのです。

静馬は戦争で負った傷が元で、顔の判別が出来ずにマスクを被っていたのでお母さんも分からなかったんですね。

でも実は息子じゃないと知った母が発狂します。

その結果、スケキヨだと思われている静馬が頭から湖に突っ込んで両足突き出すという変なカッコであぼーん。

まぁ、その後なんやかんやあって本物のスケキヨが登場したり、犯人が毒飲んであぼーんしたりします。

とりあえず珠世役の島田陽子さんと、はる役の坂口良子さんがめちゃ可愛いです。

スケキヨの発見者は?

最初にこのポイントを見つけたのはこちらのアカウント主さんです。

かなりリツイートされています。

そしてこんな固定ツイートをされているところを見ると、この方が「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」を登録したと誤解されている方がたくさんいるみたいですね。

それにしてもよく見つけましたね、凄いですヽ(*゚O゚)ノ

あとがき

「犬神家の一族」は横溝正史原作の大ヒット映画です。

1976年に映画が作られてから、何度もドラマや映画でリメイクされて、いまだにファンの間では根強い人気となっています。

だからきっと、この「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」を登録した人もファンの一人なのではないでしょうか?

絶妙なネーミングなので、これはこのまま残して欲しいなって思います^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする