堂本剛のラジオの動画はある?突発性難聴になった今の状況とは?


突発性難聴になり療養しているキンキキッズの堂本剛くんが、ラジオで今の状況を語ってくれました。

15日(土)の22:00に放送された「堂本剛とFashion&Music Book」で、入院中の様子や今後の展望など、ファンにとっては心配でもありますが、今の様子が知れて嬉しいとも思います。

そこでこのラジオの音源を聞きたいと思って動画を探してみました。

スポンサーリンク

堂本剛さんのラジオ動画はある?

7月9日に収録されたラジオは、冒頭で無事に退院したことを報告されました。

以前から気圧に弱く偏頭痛があり、いきなり仕事中にバーンとなり水中に潜った感じになったそうです。

そしてすぐに病院に行った訳ではなく、仕事を理由にしばらく放置したそうです。

でも聞こえない状態なので時間を作り病院へ行くと、重度の突発性難聴だと言われ、ドクターストップが掛かり入院となりました。

毎日4時間から5時間掛けて点滴、鼓膜にも注射、原因は分からないと言われ、ストレスと疲れではないかと。

ステロイドの点滴して鼓膜に注射したけれど完治せず、医学的な治療はもうすることがないとのこと。

退院して出来るだけリラックスして、ストレス発散して過ごしてくださいとお医者さまに言われます。

点滴と注射で治らなかったので、今は鍼灸治療をしているそうです。

かなりの激痛で、痛みに耐える日々。

2時間半とか3時間、そこまでやらないと効果はないと言われて頑張っている剛くん。

耳寄りな情報を求める剛くん

今は爆音が禁止なので、一ヶ月ぐらいは音の仕事ができないと語ります。

静かに音楽作業することはできるが、大きな音が無理で、聞こえないけれど敏感になっている状況。

自分の咀嚼音がうるさいと感じるそうです。

突発性難聴になったことで、みんなも気をつけるように呼びかける剛くん。

24時間、48時間、早めに対処しないと後遺症に苦しむことになると言い、ちょっとでもおかしいと思ったら病院へ行くようにと。

病院の先生も親切で、担当でもないのに良くしてくれる、親身になってくれるとお医者様に感謝しています。

目先のことよりも将来のことを考えましょうとドクターストップを掛けてくれ、自分の未来を守ってくれたと語ります。

そして血流を良くするために運動すること勧められているそうです。

蜂の子が効くと聞き、初めて佃煮食べたり、色々やりながら様子を見ている状況。

プロとしての仕事をするためにちゃんと治す、がんばってやってみよう、もうしばらくお待ちくださいとのことです。

ラジオでは、耳に良い情報、耳メールを送って欲しいと、耳の耳寄りな情報を求めています。

メールアドレスはtsuyoshi@bayfm.co.jpです。

参考:番組表(土曜日)|bayfm 78.0MHz – LOVE OUR BAY LOVE OUR FUTURE

ファンの声

あとがき

どうかゆっくり療養して、なんとか完治してほしいですね。

これだけファンの方に心配されて愛されている剛くんですから、きっとみんなの想いが報われると信じたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする