宙宙宙って何?!くっきー節が炸裂したIPPONグランプリ!


13日放送のIPPONグランプリで名言が飛び出しました。野生爆弾のくっきーさんが放った言葉に、ネット住民がどよめている様子。

その言葉は「宙宙宙」というもの。言葉だけ見ると全く意味が分かりませんが、一体どういう状況の中、くっきーさんはこの言葉を言ったのでしょうか?

また、その問題の動画はあるのでしょうか?気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

くっきーの「宙宙宙」とは?

お題は「ら」の平仮名と鬼の絵が書かれた、「かるたの読み札を教えてください」というものでした。

そのかるたを見てくっきーさんが答えた言葉が「らくするな もてよノートを 宙宙宙」

・・・、えー、全く意味が分かりません(笑)

惜しくもIPPONは取れなかったのですが、これにめげずにまた挑戦します。

次の答えは「らしくない ツノの力で 宙宙宙」

見事これでIPPON取れました。松本さんは「IPPON取んのか~い!」と突っ込んでいましたが、なんだかじわじわ来る面白さですね。

妙に頭に残るのでしばらくネットで流行りそうな気がします(笑)

野性爆弾くっきー節!

野生爆弾のくっきーさんは独特のテンポと感性で我が道を突っ走っている芸人さんですが、妙にツボにハマるようなお笑いなんですよね。

本名を川島邦裕(かわしまくにひろ)さんといい、少し前にくっきーという芸名に変えられました。

相方さんはロッシーさんといい、こちらも独特の天然さんなので二人揃ってかなり不思議な雰囲気を醸し出しているコンビです。

さらにくっきーさんはその独特の感性を持って絵も書かれており、やっぱりかなり独自の世界観を絵の中に投影させています。

芸術家タイプの芸人さんだと言えるのではないでしょうか?

あとがき

一般受けするのは難しいかもしれませんが、それでも人気があるので、これからも独自の世界観の中で活躍していくと思います。

それに今回のIPPONグランプリでインパクトを残せたので、もっと色々な場面で自分の持ち味を生かせるお仕事に出会えたらいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする